クラウドはもはや、多くのITベンダーにとって“必須科目”になりつつある。しかし、本来、TCO削減効果などのメリットがより享受できるといわれている中小企業のクラウド利用率はまだまだ低い。こうした状況にあって、中小企業を顧客の中心とする地方のITベンダーは、クラウドとどう向き合っていくべきか。広島県情報産業協会の有馬猛夫・副会長とセールスフォース・ドットコムの北原祐司・執行役員アライアンス本部ISVアライアンス部部長に語り合っていただいた。(構成/本多和幸)