NFV(ネットワーク機能の仮想化)に大きなビジネスチャンスを見出そうとする国内ベンダーが相次いでいる。ハードウェアでもない、業務アプリケーションでもない、通信に特化したミドルウェアの領域だけに参入障壁は高く、「ハードとソフトのすり合わせの技術」が求められる分野。それだけに同領域で腕に覚えがある国内ベンダーが相次いでNFVに参入しているのだ。海外の先行する大手ネットワーク機器ベンダーも、NFVに力を入れてきており、大手がNFV対応を本格的に進めてくるまでに、どれだけ国内ベンダーがシェアを獲れるかが勝負となる。(安藤章司)