「児童全員に一人1台の情報端末を」という政府指針が2011年に打ち出されたことで、タブレット端末やノートPCの導入が全国の小中学校に広がっている。導入は私学で先行していたが、いよいよ公立の学校でも、ICT教育のモデル校、推進校を中心に情報機器の利用が本格化しつつある。多摩市立愛和小学校は、iPad、Windowsタブレット、そしてChromebookと3種類のデバイスを並行して活用。そこには、予算の厳しい公立校ならではの事情も見え隠れする。