大手メーカーのネットワーク機器ビジネスが、転換期に差しかかっている。NEC、富士通の二大国内ベンダーは専用アプライアンスを主軸としたSDN(ソフトウェアで定義するネットワーク)戦略を推し進めているが、汎用的なIAサーバーを使うソフトウェア・アプライアンスのNFV(ネットワーク機器の仮想化)や、ネットワーク機能をサービスとして提供するSaaS/クラウドの商材が相次いで登場。メーカーが得意とする専用アプライアンスを軸としたSDNだけでは、市場の変化や顧客ニーズに対応しきれなくなる可能性が出てきた。(安藤章司)