ビックカメラグループで家電量販店大手のコジマ(木村一義会長兼社長)は、全国144店舗や事業拠点の通信ネットワーク基盤を刷新した。ネットワーク基盤の構築はSIerのアイティフォーが担当。年間約1000万円のコスト削減につなげるとともに、通信品質を大幅に高めている。また、通信ネットワークの切り替え作業をわずか3時間で行うなど、手際よく刷新しているのも特徴的である。