米IBMは2月22日、米ヴイエムウェアとの提携を発表した。ヴイエムウェアの仮想化環境ソリューション「VMware」などのユーザーに対し、IBMのクラウドサービス「SoftLayer」で拡張性や柔軟性をもたらすというのが主な目的だ。発表から約4か月。米IBMでIBM Cloudのバイスプレジデントを務めるマーサー・ロウ氏に提携後の反響や、その後の更新情報、今後の展望などを聞いた。