「健康」に関する情報が人々の関心を集めている。読売新聞の医療情報サイト「ヨミドクター」も、月間1000万以上のページビューを集める人気サイトの一つとなっているが、オープン以来使い続けてきたシステムが、サイトの成長にブレーキをかける事態となっていた。限られた予算のなかで性能と使い勝手を改善し、「災害時も止めない」というメディアの使命を果たすため、同社が選択したのは、オープンソース技術とクラウドの全面活用という道だった。