NTTデータ イントラマート(中山義人社長)は、BPM製品「IM-BPM」をリリースした。プラットフォームである「intra-mart Accel Platform」の2016 Summerアップデート版から使うことができる拡張製品だ。“次世代型業務改革ツール”と銘打つこの新製品により、同社は業務アプリケーションのプラットフォームベンダーとして、大きく飛躍する青写真を描いている。中山社長には、日本企業の真の強みを理解したうえで、その競争力向上に貢献するための製品づくりを進めてきたという強い自負がある。国産ベンダーとしてのプライドをかけ、外資系ベンダーの“欧米式グローバルスタンダード”とは異なる発想で成長を目指す。(本多和幸)