【カリフォルニア発】米オラクルは、現地時間9月18日から22日までの5日間、米サンフランシスコで年次イベント「Oracle Open World(OOW) 2016」を開いた。メインイベントともいえる創業者のラリー・エリソン会長兼CTOによる2回の基調講演は、競合に対する歯に衣着せぬ批判も飛び出すことから例年大きな注目を集めているが、今回前面に押し出したのは、IaaSへの注力と、この市場で群を抜くトップブランドとして君臨するAmazon Web Services(AWS)への「ライバル宣言」だ。オラクルとしては、明らかに新機軸といえるメッセージだが、果たして、真のねらいは――。(本多和幸)