日立ソリューションズは、PaaSソフトウェアの「Cloud Foundry」を開発基盤として活用することに注力している。およそ半年をかけて社内でCloud Foundryの認知度の向上や活用を推進しており、この4月以降も適用範囲を順次広げていく方針。アプリケーションの実行環境をCloud Foundryで統一することで、ソフト部品の再利用や開発プロセスの標準化を促進して開発生産性を高めるのが狙いだ。(安藤章司)