工場の無人化モデルを横展開

 日立製作所(東原敏昭社長)は、工作機械メーカーのオークマ(花木義麿社長)と共同で、オークマが新たに建設した工場の無人化と24時間365日稼働などを実現する取り組みを開始した。工場内の工作機械などにセンサを設置し、日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を活用して、生産の見える化などを実現する。日立とオークマは、新工場での成果をベースに新たなサービス事業を展開するための協業モデルの確立を目指す。(畔上文昭)