“クラウドファースト”がようやく動き出す

 システムを構築するにあたり、まずはクラウドを検討する「クラウドファースト」がここ数年で広く認知されるようになった。すべてのシステムをクラウドに移行するユーザー企業がでてきたことも、クラウドファーストの時代を印象づけている。一方、オンプレミス環境へのニーズは根強いため、SIerのクラウドへの取り組みは二極化が進んでいる。乗り遅れたSIerはどうするべきか。国内を代表するクラウドインテグレータ(CIer)のアイレットが、動き出した。(畔上文昭)