第一弾サービスの自動仕訳をリリース

 応研(原田明治社長)は、FinTechの取り組みを強化している。5月には、第一弾サービスとして「大臣フィンテックサービス」をリリース。インターネット経由で金融機関の口座明細データやクレジットカードの利用明細データを取得し、仕訳データを自動で作成するという。同社が自動仕訳の肝と位置づけるAIは、自社開発した。FinTechのトレンドを競合他社に先駆けて自社ビジネスに取り込み、新たな成長を模索する。(本多和幸)