富士ソフトやキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)などが出資するAPTJ(高嶋博之社長)が、車載OS仕様「AUTOSAR(オートザー)」に準拠する「Julinar」の販売を本格的にスタートさせた。試験研究機関の日本自動車研究所(JARI)などが開発を進める「自動車セキュリティ評価用オープンプラットフォーム」への採用も併せて発表した。AUTOSAR製品を巡っては、先行して販売を始めたSCSK陣営が、今年に入り自動車部品メーカーなどから受注を獲得。国内の独立系AUTOSAR開発ベンダーとしては、この2社による受注合戦が本格的にスタートする。(安藤章司)