今年9月、マイクロソフトはAzure上で動作するDaaS(Desktop as a Service)の「Windows Virtual Desktop」を発表した。“マイクロソフト純正”ともいえるDaaSの登場は、既存のデスクトップ仮想化基盤(VDI)ベンダーにとって大きな脅威になり得る。しかし、シンクライアント/VDIソリューション大手、シトリックス・システムズ日本法人の青葉雅和社長はこの見方を否定。企業ごとに異なる要件への対応では同社製品に優位性があることに加え、今後はモバイル端末も含めた業務環境の統合にも取り組むことで、ビジネスを大きく拡大できるという。(日高 彰)