レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、サーバーおよびストレージと、その構築・運用をセットにした従量課金制サービスの提供を開始した。リソースを使った分だけ支払う投資形態がオンプレミスでも可能になり、初期投資を抑えながら最新のハードウェアを導入できるようになる。「従量+固定」型の課金モデルも提供するなど、要件に応じて柔軟な契約形態をとれるのが特徴だが、従来のハードウェア販売に比べると取引形態は複雑。どのように販売パートナーの動機付けを図っていくかが課題となる。(日高 彰)