現場での単純作業を担う「サービスロボット」の市場が拡大している。この3月に開業したJR東日本の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)では清掃や警備、案内などのサービスロボットを試験導入するなど大規模な施設での導入が進んでいる。TISは向こう3年でサービスロボット市場が5~10倍に拡大すると予測。アマゾンウェブサービスジャパン(AWSジャパン)も、AWSのクラウド基盤上でロボット向けソフトウェアや統合管理が可能なRoboMaker(ロボメーカー)の売り込みに力を入れており、数百台規模のサービスロボットを効率よく稼働させるシステム構築のビジネスが活性化する見通しだ。(安藤章司)