クラウド型の人事労務管理ソフトウェアを提供するSmartHRは6月8日の中長期事業戦略オンライン発表会で、SaaSベンダーにとって重要な指標となるARR(年間経常収益、ストック型ビジネスで見込める年間の売上高)の推移を初めて公開した。2021年第2四半期の値は前年同期比約2倍にあたる45億円だった。順調に成長を続ける中、新たに資金調達にも成功。今後は、「働きたいと思う環境の整備」に向け、企業のデータ活用を推進する方針を示した。(齋藤秀平)
 
(左から)玉木諒CFO、宮田昇始CEO、倉橋隆文COO

 宮田昇始・代表取締役CEOは初公開のARRについて、20年第2四半期は21億8800万円だったが、直近の21年第2四半期は106.2%増の45億1200万円になったことを紹介した。飲食業や小売業の顧客が多く、新型コロナウイルスが蔓延した当初は大きな影響を受けたものの、現在は回復してきているという。

 同社の成長のスピードは、ServiceNowやShopifyといった海外のユニコーンSaaSベンダーと比較できるレベルになっている。宮田CEOは「彼らの初期の成長スピードに並ぶほどの急成長を遂げてきた」と胸を張る。

 同社の労務管理クラウド製品は、15年11月に公開後、急速に利用が拡大し、現在は3万社以上が活用している。ユーザーの企業規模別売上高の割合を見ると、18年5月時点では従業員数300人未満の中小企業が多かったが、21年5月時点では1000人以上5000人未満の大企業の割合が最多となり、業種の幅も広がっている。継続利用率は99.6%以上となっており、宮田CEOは「非常に満足度が高いサービスを提供できていると自負している」と話した。