その他

富士フイルムBI 電帳法対応ストレージを投入 文書管理などと組み合わせてアップセル

2022/01/06 16:00

週刊BCN 2022年01月10日vol.1906掲載

 富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、改正電子帳簿保存法に対応したオンラインストレージサービスを始めた。自社運営のオンラインストレージ「Working Folder(ワーキングフォルダー)」のオプション機能として、この1月に改正された電帳法に対応するもので、ユーザー数10人、保存容量100ギガバイト、月額1万8500円(税別)で提供する。中堅・中小企業ユーザーでも気軽に利用できる価格帯に設定したのが特徴。複合機ベンダーが自社運営の改正電帳法対応オンラインストレージサービスを始めるのは珍しいケースだ。

 Working Folderは、ここ10年来提供している企業向けストレージサービスで、富士フイルムBIの複合機や、国内外777万本余りの販売実績のある文書管理ソフトの「DocuWorks」と連携させて使うケースが多い。今回のオプションサービスでは、改正電帳法で定めた帳票番号や取引日などの情報の付与や保存方法、検索機能を提供するとともに、改正電帳法に準拠した運用手順書のひな形も用意した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

富士フイルムBIがERPビジネスに参入、まずは自社基幹システムをDynamics 365に刷新

データ入力業務全体の効率化でDXを加速、富士フイルムBIの新サービス

富士フイルムBI、セブン-イレブン店舗の「マルチコピー機」を刷新

外部リンク

富士フイルムビジネスイノベーション=https://www.fujifilm.com/fb/