ニュース

富士フイルムBIがERPビジネスに参入、まずは自社基幹システムをDynamics 365に刷新

2021/11/19 16:50

週刊BCN 2021年11月29日vol.1901掲載

 富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、全社の基幹システムにマイクロソフトのERP「Dynamics 365」を採用する。まずは2022年中に社内のSE業務の管理システムを稼働させ、23年から販売、物流、会計、営業支援、顧客管理などの基幹業務システムを順次刷新する。同社の連結従業員数は約3万7000人で、この規模でDynamics 365を全社導入するのは国内で最大級の規模になる見込み。自社導入と並行してDynamics 365を軸とした一般顧客に向けたERP刷新SIビジネスも本格的に立ち上げる。
 
真茅久則社長

 同社はこれまでオラクル製のERPをベースに基幹システムを構築してきたが、次期ERPの選定に際しては外販しやすいことを重視する。この背景には、同社が中小企業から大企業まで国内外で複合機ユーザーを多数抱えているためで、どの規模の顧客にも当てはまりやすいERPとして、Dynamics 365が適していると判断したようだ。

 また、ERPだけでなくオフィスソフトやクラウド基盤のAzure、データ分析のPower Platform、コミュニケーションツールのTeamsなど、「マイクロソフト製品群によって企業活動に必要な業務システムやデータの一元的な管理が可能である」(真茅久則社長)点も評価した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン 取締役社長 阪本雅司

富士フイルムビジネスイノベーション ワークフローの中核を狙う 強みの文書管理で他社SaaSとの連携を加速

有望市場に変貌する中小向けSI(後編)新興・老舗SIer、複合機メーカー系販社の三つ巴

外部リンク

富士フイルムビジネスイノベーション=https://www.fujifilm.com/fb/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>