JBCCホールディングス(JBグループ)はクラウド/SaaS事業の積み上げによって、来年度(2023年3月期)は売り上げ増に転じるとみている。ハードウェア製品やパッケージソフト、手組みの業務アプリ開発といった従来型の売り切り型のSIビジネスのモデルから、クラウド/SaaS、ローコード開発を主軸とするモデルへの移行を推し進めており、本年度はクラウド/SaaSに関連する新規受注分が約30億円に達する見込み。月額課金をベースとするリカーリング型の新規受注がそのまま「来年度の売り上げを押し上げる原動力になる」(東上征司社長)との見通しだ。
(安藤章司)

 JBグループは、AWSやAzureといったクラウド基盤や各種のSaaSアプリケーションを積極的に販売するとともに、アプリケーション基盤のサイボウズ「kintone」やローコード開発の「GeneXus(ジェネクサス)」を活用したSIビジネスに力を入れている。本年度上期(21年4-9月)のクラウド/SaaS関連の売上高は前年同期比50.9%増と大きく伸びた。ローコード開発の売上高も同52.8%増に達し、SI事業全体に占めるローコード開発の比率は昨年度上期の25%から41%に大きく伸びている。
 
東上征司 社長

 JBグループが主なターゲットとする中堅・中小企業ユーザーにおいても、「コロナ禍期間中に業務のデジタル化の推進やリモートワークへの対応で、クラウド移行、SaaS活用が急ピッチで進んでいる」(東上社長)。24年3月期までの3カ年の中期経営計画では、従来の売り切り型のビジネスから月額課金をベースとするリカーリング型のビジネスの拡大や、ローコード開発による開発期間の短縮、開発費の圧縮を重点領域に挙げている。