マイクロセグメンテーション技術を活用したセキュリティ製品を提供する米イルミオ(Illumio)は、2021年11月に日本法人イルミオジャパンを設立、国内市場の開拓を本格的に開始した。嘉規邦伸社長は「マイクロセグメンテーションはゼロトラストの実現に有効な手法だが、国内での認知は高くない。パートナー開拓やマーケティングを強化し利用を促進する」と力を込める。
 
嘉規邦伸 社長

 マイクロセグメンテーションは、ネットワークを細かくセグメント化し構成する技術。ネットワーク内のサーバーがマルウェアに感染した場合も、細分化したセグメントの境界で不正な通信をブロックすることで、システムを横断的に動き攻撃するラテラルムーブメントの被害を最小限にとどめられる。イルミオでは、一般的なIPネットワークベースのマイクロセグメンテーションではなく、サーバーやデバイス単位のマイクロセグメンテーションを行える点が強みだとしている。