GMOサイバーセキュリティbyイエラエは4月1日、銀行向けのセキュリティサービス「GMOサイバーセキュリティfor銀行」を発売した。ホワイトハッカーによるリスク評価や診断、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、発見されたリスクへの対策支援をパッケージ化して提供する。

 同社はイエラエセキュリティの社名で脆弱性診断サービスなどを展開していたが、GMOインターネットが買収、4月1日付でGMOサイバーセキュリティbyイエラエに社名変更した。
 
牧田 誠 代表取締役CEO

 GMOサイバーセキュリティfor銀行については、金融庁から金融機関に対して「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針(Ver.3.0)」が示されたことや、ロシアのウクライナ侵攻の影響で国内でもサイバー攻撃が急増していることを提供理由としている。牧田誠・代表取締役CEOは「当社では多くの金融機関のセキュリティ診断を手掛けてきた。そのノウハウと知見を生かしたサービスだ」と説明した。