その他

NEC メインフレーム事業を継続 三井住友銀行が次期勘定系に新機種を採用

2022/07/14 16:00

週刊BCN 2022年07月18日vol.1931掲載

 NECは6月30日、メインフレームの新製品「i-PX AKATSUKI/A100シリーズ」を発売した。NOAH-7と呼ぶ独自CPUを搭載する中・大型機で、銀行の勘定系システムにも対応できる性能と信頼性を備える。国産勢のメインフレーム撤退が伝えられる中で、NECは今後も同事業を継続する方針を示している。
 
新製品の「i-PX AKATSUKI/A100シリーズ」

 ACOSシリーズは1974年に発売されたメインフレームで、金融、公共、製造などの業種で基幹業務システムを稼働させる基盤として使用されている。現在はインテルのXeonプロセッサーをベースに過去のアーキテクチャーとの互換性を担保した小型機の「ACOS-2」と、独自CPUを採用する中・大型機の「ACOS-4」の2系統が販売されており、今回の新製品は約5年ぶりとなるACOS-4のハイエンドモデルに位置づけられている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

NEC=https://jpn.nec.com/

おすすめ記事