その他

トレジャーデータ、間接販売の比率が半数超 CDPと既存システムの一体運用が増加

2022/09/15 16:00

週刊BCN 2022年09月19日vol.1939掲載

 トレジャーデータは、主力のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)について、SIerなどビジネスパートナー経由の販売比率を高めている。顧客データを起点とした経営を重視するユーザー企業が増え、CDPと既存の業務システムを一体的に運用するケースが増加。既存システムとのつなぎ込みや、データ活用を進めやすくするSIの需要が生まれ、SIerが同社のCDPを取り扱う機会が増えていることが理由だ。本年度(2023年3月期)、ビジネスパートナー経由の販売比率は過半数を超える勢い。
(安藤章司)

 CDPは、デジタルマーケティングのデータ活用基盤として使われることが多く、同分野でトレジャーデータは国内トップクラスのシェアを持つ。製品の特性上、ユーザー企業のマーケティング部門が購入の意思決定権を持ち、販路は、直販かデジタルマーケティングに明るいベンダー経由での販売が多くを占めた。SIerが顧客経営層や情報システム部門に売り込みをかける一般的なITシステムとは様相が異なっている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

トレジャーデータとLINEが業務提携、データクリーンルームソリューションなどを開発

外部リンク

トレジャーデータ=https://www.treasuredata.co.jp/

おすすめ記事