学生時代、マイコンの面白さに衝撃を受けた。「多くの人にコンピュータの楽しさを伝え、インパクトを与えたい」と、技術者の道に進む。