景気の回復によって、企業のITへの投資意欲が活発化しているといわれるなか、都市部ではビジネスチャンスをつかもうとITベンダー各社が製品・サービスの提供に力を入れている。大阪でも、徐々にではあるが受注案件が増えており、新しい技術に関心を高めるユーザー企業が出てきている。今、大阪でビジネスを手がけるベンダーや協会・団体はどのような状況にあるのだろうか。動きを追った。(取材・文/佐相彰彦)