インドネシアに、日本のITベンダーが熱い視線を注ぎ始めた。ここ数年で、拠点の設立や現地企業との協業、買収といった動きが活発化しているのだ。東南アジア最大の経済規模を誇るインドネシアは、日系ITベンダーにとって、今後の有力な取引先となり得るのだろうか。現地取材を通して、IT市場の現状や課題、進出企業の市場開拓戦略を探った。(取材・文/上海支局 真鍋武)