政府は21世紀にふさわしい学校教育の実現に向けて、教育現場でのICT活用を推進している。3月31日に次期「学習指導要領」を告示。2020年を目標に小学校の英語教育の教科化、プログラミング教育必修化などが盛り込まれ、教育の現場が大きく変わろうとしている。文教ICT市場では、導入が進む教育用のPC/タブレット端末を始め、デジタル教科書や教材、校内のIT環境整備など、ITベンダーにとってビジネスチャンスは数多い。各社は現場の課題をどう捉え、商機を見出しているのだろうか。(取材・文/山下彰子)