ミッドマーケット向けの基幹業務アプリケーション市場に大きな変化が起こりつつある。クラウドの波が、基幹業務アプリケーションにもようやく本格的に到達したことはその大きなファクターだが、デジタルトランスフォーメーションやFinTechといったキーワードが、基幹業務アプリケーションにユーザーが求める価値を変えつつあり、市場が活性化している。いい換えればベンダー間の競争が激化しているのがミッドマーケットだ。あのベンダーも、このベンダーも、覇権を狙っている。勝つのは誰だ!?(取材・文/本多和幸)