市場環境が目まぐるしく変化する中国。この1年間、現地の日系ITベンダーのビジネスはどう進捗したのか。BCN上海支局は、中国の主要な日系ITベンダーを対象に、2017年通期(1月~12月)のビジネス動向に関するアンケート調査を実施した。この結果、前年から売上高・利益が伸びた企業が全体の約7割に達したことがわかった。近年陰りをみせていた日系ユーザー企業のIT投資が復調してきたことが、業績に好影響をもたらしている。独自調査と取材で得た情報をもとに、日系ITベンダーの現在地と今後の展望を考察する。(上海支局 真鍋武、齋藤秀平)

 今回、BCN上海支局(商業計算機新聞社上海支局)では、上海と北京を中心に、中国本土で事業活動している日系ITベンダー45社(総合ICTベンダー、SIer、ISV)を対象として調査を行った。各社は総じてSI・ITサービスやプロダクト販売などの中国国内向けビジネスを手がけており、このうちの24社については、日本向けオフショア開発ビジネスも展開している。なお、BCN上海支局が通期のビジネス動向を調査したのは、今回で3回目となる。