中国最大の都市として、同国の経済をけん引してきた上海市が、人工知能(AI)の発展に力を入れている。市内で開発を進め、産学官連携の共同研究所などの設置も計画している。2021年までに、世界トップレベルのイノベーション・エコシステムのブランドを構築し、AIで一流の都市になることが目標だ。(取材・文/齋藤秀平)