エフセキュア 新たな成長路線に乗る Linux→Windows向け戦略で

 フィンランドのセキュリティメーカーエフセキュアの日本法人エフセキュアは今年5月で10周年の節目を迎える。これまではLinux向けウイルス対策製品という他社と一線を画す市場でその存在感を示してきた。だが、新たな一手として、Windows向け対策製品市場でのシェア拡大に力を入れる。エフセキュアの桜田仁隆社長に新しい成長施策を聞く。

日立情報システムズ 「仮想化の日立情報」へ 豊富な実績を武器に“攻め”を貫く

 今年度の重点事業として、日立情報システムズは仮想化に照準を合わせた。3年ほど前から調査・研究を開始し、「VMware」の導入技術を着実に磨いてきた。その技術力は、国内トップクラス。ノウハウ蓄積のために、自社システムへの適用も進めてきた。今年度、分かりやすく体系化したメニューとパートナーとの協業プログラムを武器に、仮想化ソリューションに本腰を入れて取り組む。



エフセキュア 桜田仁隆社長/日立情報 執行役 営業統括本部長 山本克己氏

[次のページ]

次へ