「格安SIM」のブームで、日本国内でも急速に認知度が高まったMVNO(仮想移動体通信事業者)によるモバイル通信サービス。各社の新規参入が相次いでいるが、価格競争が激化し、他の事業者に対する差異化が難しい市場になりつつある。

 そのなかで今後有望視されるのが、付加価値をつけやすい法人向けの通信サービスだ。とくにM2M/IoTの用途では、柔軟な料金設定やクラウドとの連携など、大手携帯電話事業者ではカバーできていなかったさまざまなニーズがあり、競争力を発揮しやすい分野となっている。法人向けMVNO市場で特徴的なサービスを提供している企業の取り組みを探る。