ビジネスのスピードが加速していくなか、クラウドサービスは新規サービスやシステム開発、IoTから大規模な基幹システムなどのエンタープライズ領域まで、幅広い分野・用途への導入が進んでいる。また、人や企業、社会、グローバルで収集した、さまざまなデータを組み合わせてオープンイノベーションへの取り組みに活用するなど、競争力のあるビジネス基盤としても期待されている。

 Z.com Cloudは、これまでインターネットインフラ事業で737万の顧客を支えるGMOインターネットが培ってきたOpenStackベースのIaaSを企業利用に合わせブラッシュアップし、さまざまなビジネスを支えるクラウド基盤として高い信頼性・運用性・拡張性を兼ね備えて生まれ変わったクラウドプラットフォームだ。

 Z.com Cloudをコアとして、GMOインターネットグループはビジネス基盤の構築からサービス運用・集客まで多角的な提案を行い、運用省力化やコスト削減、セキュリティ強化や事業継続といった各社の課題解決に取り組んでいく。また、Z.com Cloudを通じてビジネスパートナーへの開発環境提供やニーズに合わせた柔軟なサービスの開発、マーケティング活動支援など、パートナーとの二人三脚のビジネス創出に力を入れている。