1986年の設立から30周年を迎えた日本ストラタステクノロジー。米国本社の創業から数えれば、36年超という長い歴史をもつ数少ない老舗の可用性ソリューションの専業ITベンダーだ。エンタープライズITの姿がメインフレームからクライアントサーバー、そしてクラウドへと変化していくなかで、一貫して「システムを止めないこと」にこだわり、時代に合わせた無停止ソリューションを提供。この市場における第一人者であり続けている。

汎用サーバーと既存アプリケーションに「あらかじめ用意された可用性」を提供

 日本ストラタステクノロジーの「everRun」は、IAサーバー2台を1組として高信頼・高可用性システムを実現するソリューションだ。仮想基盤を組み込んでおり、仮想マシン(VM)からは1台の物理サーバーのようにみえるため、単体サーバー用のアプリケーションをそのまま利用することができる。

本多章郎
ソフトウェア事業部担当部長
 everRunは「あらかじめ用意された可用性」を提供するものだ。同社では「Software Defined Availability(SDA)」と呼んでいる。一般的な高可用性(HA)クラスタのように外部の共有ストレージやネットワークのフェイルオーバー設定、アプリケーションのHA対応、また、それらのテストなどが不要で、運用も容易になるため、高可用性システムにおけるTCOを削減することができる。可用性レベルについては、「HAモード」「フォールトトレラント(FT)モード」の2段階が用意されており、HAモードでもディスクやネットワーク障害では連続稼働するため業務への影響が発生せず、一般的なHAクラスタより高い信頼性を実現する。

 「everRunでは、各社のIAサーバーで動作検証が行われており、サーバーを選ばないことから、産業用コンピュータなどの特別なサーバーでも容易にFTやHAを実現することができる。ローエンドなサーバーを使えば、コストを抑えつつ高可用性が実現できるため、システム規模は小さいものの“止まると困る”といったニーズが根強い日本でも好調だ」と同社の本多章郎・ソフトウェア事業部担当部長は説明する。

 最近ではHAモードのみ利用可能な「Expressエディション」も人気だという。「everRun Expressは、例えば医療機関の電子カルテ・医事会計システム、製造業の生産管理システム、流通業のPOS分析システムなど、さまざまな用途に採用されている。またCPUリソースをあまり必要としない監視系サーバーなどにも適している」と本多担当部長は話す。

 近年普及しつつあるハイパーコンバージド(HC)環境などでも、ある程度の可用性は実現できるが、まだこれらは発展途上であり、可用性レベルはあまり高くない。また、既存の日本的な業務アプリケーションには、HCのクラウドライクな運用に合いにくいものも多い。こうしたアプリケーションを低コストで高可用性化する手段としてeverRun、とりわけExpressエディションや、1VM限定のFTモード対応版であるSingle PVMエディションが注目されるという。everRunはHAクラスタのように障害発生時の復旧作業が面倒になることもなく、運用担当者にもメリットがある。さらに、ソフトウェア製品であるため、サーバーベンダー各社やSIerとも協業しやすく、よりユーザーフレンドリーなソリューション提案が可能だ。

製品の姿は変わってもFT専業という姿勢は変わらない

 日本ストラタステクノロジーは、長い歴史のなかで製品の姿をたびたび変化させてきた。設立当初のメインフレーム(MF)時代には、MFへの入力を集約するフロントエンドプロセッサとして製品を開発、クライアントサーバー時代に入るとUNIX版の製品を展開、IAサーバーが台頭してくるとWindowsやLinux対応の製品を投入してきた。仮想化環境が主流になっている現在は、“SDA”すなわちソフトウェア製品のeverRunを提供している。

ICTシステムの変化とストラタスの可用性ソリューション

 「どれだけシステムの形態が変化しようと、可用性を求めるニーズは常にある。日本において、外資かつ専業のITベンダーで30年という歴史をもつわれわれは、そこを一貫して追求してきた」と本多担当部長はいう。

 クラウドが主流になりつつある今の時代でも、管理上の都合などからシステムをオンプレミスに置いておきたいというニーズはまだ根強い。

 「HCなどのプライベートクラウド基盤でも高い可用性が得られるようになりつつあるが、everRunほどの信頼性には達しておらず、また、決して安いものではない。オンプレミスだが大規模でなく、高可用性が求められるニーズに対応できる数少ないソリューションがeverRunだ。IoTの普及に伴いエッジコンピューティングなどの手法も広まると予想されるが、ストラタスはこうした市場の変化に適用するソリューションや、顧客ニーズに合わせた可用性ソリューションの追求を今後も変わらず続けていく」と本多担当部長は話している。