ダイワボウ情報システム(DIS)がニュータニックス・ジャパンとディストリビューター契約を締結したのは今年4月。そのビジネスは企業規模、地域に関わらず急拡大する兆しを見せている。HPE製品を活用したアプライアンスによって、さらにHCIを拡販していく方針だ。また、Nutanix .NEXT Japan 2019に合わせて、米HYCUとディストリビューター契約の締結を発表。ニュータニックス向けデータ保護ソフト「HYCU Data Protection for Nutanix」の国内取り扱いを開始し、ソリューションの幅を拡大していく。

ディストリビューター契約を拡大

Nutanix on HPE ProLiant DXで
さらなるHCI拡販を目指す


 「ニュータニックスの製品は、新規に取り扱いを始めたメーカーの中でも、引き合いが大変に多く、当社の取り扱い製品の中でも、非常に立ち上がりが早い。特に地方のパートナーの方々の関心が高く、地方で展示会を開催する時は、必ずニュータニックスの製品を入れて欲しいと言われる」と話すのは谷水茂樹・経営戦略本部情報戦略部部長。
 
ダイワボウ情報システム
谷水茂樹
経営戦略本部
情報戦略部
部長

 DISでは、ニュータニックス製品を搭載できる主要なサーバーの全てを取り扱う。Nutanix .NEXT Japan 2019展示会場のDISブースでは、各サーバーベンダーが提供しているニュータニックス対応製品を展示していた。

 中でも、谷水部長が注目するのが、9月13日に、ニュータニックスとHPEがパートナーシップを強化し、HPE ProLiant DXにNutanix Enterprise Cloud OSを搭載したアプライアンス「Nutanix on HPE ProLiant DX」の国内への提供開始が発表されたことだ。

 「サーバー市場において、HPE ProLiantの占める割合はかなり大きい。ニーズが高く、導入実績が多いサーバーだからこそ、そのサーバーを使ってニュータニックスが動くということに、Nutanix on HPE ProLiant DXの良さがある」と谷水部長。

 Nutanix on HPE ProLiant DXは、信頼性を高める技術が実装されているため、安定稼働に大きく貢献するHPE ProLiantに、ニュータニックスの誇るシンプルな管理ソフトウェアが組み合わされることで、アジリティ、セキュリティ、シンプルなシステム運用が実現できる。

 「リプレースや追加導入のニーズが発生して、HCIを検討しようという話になった時、これまでのニュータニックス製品に加えてHPE ProLiantベースのNutanix on HPE ProLiant DXも追加で提案できるようになったことは、既存のシステムと同じHPEでニュータニックスが導入できることによって、既存システムと同じように管理できる点でも大きな意味がある。一方、販売パートナーの方々にとっても、HPE ProLiantベースのNutanixであれば、これまでの経験とノウハウをさまざまな場面で生かすことができる。今回の発表は、HCI市場の拡大を図っていく上でも、われわれにとって大きな武器になると考えている」と谷水部長は大きな期待を寄せる。

HYCUでバックアップの悩みを解決

 「特に中堅・中小規模に向けては、価格や構成の規模感が重要なため、スイッチなどのネットワーク機器も含めた最適な組み合わせを提案している」と丹羽政裕・販売推進本部戦略商品推進部戦略・高度化推進グループ係長は語る。
 
ダイワボウ情報システム
丹羽政裕
販売推進本部 戦略商品推進部
戦略・高度化推進グループ
係長

 DISでは、「Nutanix認定資格者」を、グループ会社を含めて増やすことに取り組んでおり、全国の拠点を通じてパートナーへの販売支援を行っていく体制を整備している。また、ニュータニックス主催の.NEXT JapanおよびX TourのJapan Tour Sponsorになっており、引き続きイベントへの出展、共同プロモーションのほか、ハンズオントレーニング、商談の場への技術者の同行など、きめ細かな対応をしていく。
 
ブースに展示されていたNutanix Enterprise Cloud OS搭載モデル
「HPE ProLiant DX360 Gen10 Server」

 また、DISは、9月13日にエンタープライズ向けクラウドのデータバックアップ、リカバリを専門とする米HYCUとディストリビューター契約を締結。国内でのニュータニックス向けデータ保護ソフトウェア「HYCU Data Protection for Nutanix」の取り扱いを開始した。同ソフトは、ニュータニックスに特化しているため、管理ソフト「Prism」に近いGUIを搭載している。そのため、Nutanixを使われている人が操作しやすいようになっている。また、エージェントレスのため、既存の環境に手を加えずに導入ができるなど、メリットが多い。

 「HCIを導入したユーザーの大きな悩みの一つがバックアップ。レガシーなストレージやバックアップソフトを含めた管理が大きな課題で、それを解決するのがHYCUとなる。今後発売される、セカンダリストレージのMineと統合された『Nutanix Mine with HYCU』も取り扱い、ユーザーの悩みを解消していく」(谷水部長)考えだ。