NECネクサソリューションズは、アウトソーシング関連の売上比率を現在の約2割から倍の4割に増やす。収益性が高いアウトソーシング事業の比率を高めることで、売上高を年率10%ずつ伸ばし、経常利益率で5%以上を確保する計画。今年4月に就任した松本秀雄社長は、「この会社は本来、売上高2000億円、経常利益率10%を叩き出せる潜在力がある」と、成長計画に自信を示す。