ITを身近な“道具”として使いこなしてきた世代から知事が誕生した。e-Japan戦略Ⅱに掲げられた「ITの利活用」を、ごく当たり前のこととして推進できるリーダーシップは大きな武器である。知事に就任して半年――。「佐賀県民87万人の御用聞きをして走り回っている」なかから、どんな新しい試みに挑戦するのか。県民の期待と県職員の不安(?)を一身に、一気に走り出した。