セイコーエプソンのトップに花岡清二社長が就任してから4か月が経った。昨年度(2005年3月期)は売り上げ、最終利益ともに過去最高を記録しながらも、「ベンチャー精神が低下している」と危機感は強い。新トップは、「イメージを総合的に扱う会社“ザ・イメージングカンパニー”」をエプソンの理想像に掲げ、ニーズを先取りしたモノ作りをこれまで以上に徹底させていく。