ブラザー工業の国内販売会社、ブラザー販売のトップに神谷純社長が就任してから2か月半が経った。海外市場に強いブラザーグループのなかで10年以上の海外勤務を経て、その後、一貫して情報機器部門を担当してきた。主力事業の1つでありながら海外市場に比べ出遅れた国内の情報機器販売で、どのようにブランド価値を高めていくのか。キーワードは“日本風”の製品作りと、売り切るためのチャネルだという。