コンピュータメーカーやSIerとコンサルティング会社が手を組むケースが増えている。だが、コンサルティングファームのヘッドストロング・ジャパンの殿村真一代表取締役はそうした戦略とは一線を画す。あくまで中立的な立場を堅持し、経営とITどちらにも精通するコンサル集団を組織して業績を伸ばす。IT戦略立案が企業にとって重要な経営問題になった今、「ヘッドストロングが活躍できる舞台が広がっている」という。