KeyPerson

販売からソリューションへ “野武士”のDNAを原点にSIへ舵を切る

キヤノンマーケティングジャパン 社長 村瀬治男

取材・文/谷畑良胤 撮影/馬場磨貴

2006/05/29 18:05

村瀬 治男

週刊BCN 2006年05月29日vol.1139掲載

 「社名から販売という文字をなくそうと決めたのは3年前」と村瀬治男社長はいう。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は4月1日付で、「キヤノン販売」から社名を変更した。“箱売り”というイメージの強い「販売会社」から、企業向けの「ITソリューション」会社へと舵を切ったわけだ。2010年度までの「長期経営構想」で、全社売り上げを1兆1000億円に乗せて、「ITソリューション」で6000億円を稼ぎ出す。うち3000億円がハードを除くソリューションの売り上げだという。事務機器販売という主力事業に加えて、大手SIerに匹敵するインテグレーション事業を立ち上げる。「楽な数字ではないが、達成はそんなに難しくない」と村瀬社長は自信を込めた口調で語る。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>