落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

「EITM」ベースのビジネスへ 国内市場でのシェア拡大に意欲

日本CA 社長 根塚 眞太郎

取材・文/佐相彰彦 撮影/ミワタダシ

2006/06/12 18:05

根塚 眞太郎

週刊BCN 2006年06月12日vol.1141掲載

 日本CAが社内インフラの統合システムを追求するコンセプト「EITM(エンタープライズITマネジメント)」を掲げ、ビジネスの拡大を推し進める。競合他社に比べて製品ラインアップが厚い点を生かし、顧客ニーズに対応したソリューションを提供していくためSIerやコンサルティング会社とのアライアンスを積極的に展開していく。4月1日付で社長に就任した根塚眞太郎氏は、「今年度は国内シェアを拡大させる」と意欲をみせる。6月1日には、「コンピュータ・アソシエイツ」から日本CAに社名を変更し、今まさに大きな変貌を遂げようとしている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1