業界トップクラスの利益率を誇る日本システムディベロップメント(NSD)が、年商500億円突破に向けて動き始めた。顧客を大切にし、慎重なうえにも慎重さを重ねてソフトをつくってきたが、これだけでは売り上げが頭打ちになるのはみえている。不採算案件を防ぐ基盤をより強固なものに仕上げ、そのうえで新規顧客の開拓に乗り出す。エンドユーザーからの元請け一括受注を通じて「NSDの名を顧客内に轟かせろ」--冲中社長の大号令がかかる。