内田洋行は事業改革を加速させる。ユーザー企業の設備投資意欲に減退感がみられ、同社の業績も良好とはいえない。逆風のなかの今年7月、トップに就いた柏原孝社長は、「事業改革の意識を高めよ」と全社員に号令をかける。同社は情報システムやオフィス家具、教育向け商材を組み合わせるユニークなビジネスモデルを築き上げてきた。主力事業の相乗効果を高め、オフィスや学校といった“環境”と“IT”を融合させるユビキタス戦略を強力に推進する。 安藤章司●取材/文  ミワタダシ●写真