UPS(無停電電源装置)や冷却装置などを提供するエーピーシー・ジャパン(APCジャパン)が、順調に業績を伸ばしている。サーバーの統合化やコスト削減の観点から、データセンター(DC)を中心に省電力化を求める企業が増えているためだ。今後は、ITと設備のインフラを融合させることに力を注ぎ、ビジネスを拡大していく方針だ。 佐相彰彦●取材/文  ミワタダシ●写真