NECシステムテクノロジーは、“システム技術”を徹底的に追求することで、NECグループのITソリューション事業の拡大をリードする。ハードウェアからアプリケーション、運用に至るITシステムのすべてを“システム”という一つの括りで捉える技術を重点的に伸ばす。NECグループが受注するシステムを同社が一気通貫で担うことによって、グループ内での存在感を高めていく方針だ。営業機能は一連の構造改革の過程でNECグループに移管しているため、富山卓二社長は、「NECが“顔”に相当するのだとすれば、当社は“心臓”の役割を担う」と、システム開発の中核的役割を果たしていくと、意気込みを語る。