落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

知財で勝負できる企業になる

豆蔵ホールディングス 代表取締役社長 荻原紀男

取材・文/安藤章司 撮影/大星直輝

2016/01/28 19:37

荻原 紀男

週刊BCN 2016年01月25日vol.1613掲載

 今期(2016年3月期)過去最高の連結売上高200億円の達成を見込む豆蔵ホールディングス(豆蔵HD)の次なる戦略は、中核となるソフトウェアと組み込みや制御をはじめとするエンジニアリングを、より一体的に展開するというものだ。自動車向け車載ソフトウェアや製造業、半導体関連向けエンジニアリングサービスの連携を一段と強めるとともに、自社が版権や知財をもつ商材を増やしていくことで、グローバル市場での存在感の向上にも取り組んでいく。創業社長の荻原紀男氏に話を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

外部リンク

豆蔵ホールディングス=http://www.mamezou-hd.com/