野村総合研究所(NRI)は、マーケティング手法を積極的に採り入れることで、デジタルイノベーションをより迅速に巻き起こしていく。此本臣吾社長は、ユーザー企業自身の課題と、市場のニーズ分析の両方に長けた「チーフデジタルオフィサー(CDO=最高デジタル責任者)」の重要性を指摘。テクノロジーと市場のギャップを埋める橋渡し役が強く求められるようになると話す。NRI自身も強みとするコンサルティングとITソリューションを組み合わせた「コンソリューション」を切り口に、顧客とともにデジタルイノベーションを実現していく構えだ。